隅田建設ブログ

リフォームに強い大阪府堺市、隅田建設のブログです。

Q.竣工検査ではどこをチェックすればいいの?

2013年07月06日

A 不具合がないかどうか隅々までよく調べましょう
工事が完了すると、リフォーム会社の担当者と一緒に工事箇所を検査します。これが竣工検査といわれるもの。ここで不具合が見つかったら、引き渡しまでになおしてもらいます。内装の場合は壁紙が波打っていないか、床がきしまないか、建具の開閉はスムーズかなどを十分にチェックしましょう。

以下、チェックポイントを表にまとめました。

内装工事のチェックポイント
内装 ■色・柄は指定どおり?

■床はきしまない?

■壁紙は剥がれたり、傷がついていない?

建具 ■ドアの開閉方向に間違いがない?

■開閉はスムーズ?

スイッチ・コンセント ■オン・オフはスムーズ?

■テレビや電話端子の位置はOK?

照明 ■しっかり取り付けられている?

■ちゃんと作動する?

設備機器 ■排水はよい?

■水漏れしない?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です